MONO TRENDY

デジタルライフ

トイレはどこ 出先での「急用」、アプリがお助け

2014/10/24 日本経済新聞 夕刊

 買い物や旅行など、出かけ先で楽しい時間を過ごしている最中に突然やってくる腹痛や体調不良――。トイレに駆け込みたくても、知らない街はもちろん、普段からよく訪れている場所でも、どこにトイレがあるのかは案外知らないものだ。トイレを探して右往左往した経験を持つ人も多いはず。そんな時、トイレの場所や備え付けの機能などを調べることができるスマートフォン(スマホ)のアプリが頼りになりそうだ。

 住宅地図最大手のゼンリンの子会社、ゼンリンデータコム(東京・港)が今年3月から提供する「恋するマップ」は、地図上でエステ、ネイルサロンやカフェなどの女性向けの情報を提供する無料アプリ。中でも人気のコンテンツが地図上でトイレを検索できる機能だ。

■「きれい」の要望反映

@トイレは現在地付近のトイレ一覧を表示し地図で位置を確認できる

 企画を担当したモバイルサービス本部の中西紀子さんは「女性に何を調べたいかアンケートをとったら、『きれいなトイレ』という回答が上位に入ってきた」と話す。単に用を足すだけということが多い男性と違い、化粧直しや髪の簡単なセットなどもしたい女性にとってはパウダースペースやコンセントの有無などの情報が重要だという。

 現在紹介しているトイレの数は東京や大阪、名古屋などの大都市圏の駅や商業施設などにある300強。ゼンリンデータコムの女性社員が実際に現地調査し、決められたチェック項目に従って点数をつけている。「ある程度の点数がついたトイレでないとアプリで紹介しない」(中西さん)。同社が自信を持ってお薦めするトイレしか掲載していないという。

 実際の画面上では、現在地など調べたい場所の地図を表示すると近くに登録されているトイレの場所がアイコンで表示される。アイコンをタップすると詳細な情報が表示される仕組みだ。写真や利用可能な時間が表示されるほか、同社の調査員がお薦めポイントを紹介している。設備についてはパウダースペースやコンセント、おむつ替えシートなど13項目の有無が表示される。

MONO TRENDY新着記事