WOMAN SMART

朝・夕刊の「W」

部屋左奥、センス良く ホームパーティー成功の秘訣

2014/4/1 日本経済新聞 プラスワン

 出会いの多い春はホームパーティーの機会が増える。ホームパーティーは片付けなど準備が多く、主催するのは苦手という人も多いだろう。だが、招かれた後は、いずれ自宅に招いてもてなすのが基本ルール。余裕を持って当日を迎えるにはどうすれば良いか、空間作りのコツを聞いた。

■片付け、日程決めて

 「大切なのは、客にリラックスして楽しんでもらうこと。完璧に整えられた空間はむしろ緊張感を生むので、ほどほどに整えることが大切」と話すのはホーム・オーガナイザーの吉島智美さん。吉島さんは自宅でパーティーを開く機会が多いと言う。空間作りで押さえたいポイントを聞いた。

 まず、余裕を持って迎えるためにも表のように当日までのタイムスケジュールを作ろう。片付けを含む「準備」と「掃除」の2項目に分ける。次に「当日」「前日」「1週間から3日前」の時間軸に区切る。

 1週間から3日前にしたいのは「客に見られたくない物をしまう“隠し”スペース作り」と吉島さん。例えば玄関の家族の靴。当日は客の靴でいっぱいになるのでしまいたい。靴箱に空間がない時は履かない靴を処分し、それでも入らない時は別の収納庫にスペースを作って、当日しまう。

吉島さんはテーブルのものは箱に、玄関の靴は納戸に収納=写真 編集委員 塩田信義

 家族がソファに置く帽子などの小物や、普段は食卓に置く郵便物などを当日どこにしまうか想定する。収納棚に入らない時は、床に置いてもなじむデザイン性の高い箱やカゴをうまく活用する。

 前日に隠す物を箇条書きにした「隠す物リスト」を書く。パーティー直前にリストを見ながら事前に作っておいたスペースに物をしまえば、片付け忘れの心配もない。「隠す物がないのが理想だが、散らかっている家でも慌てることはない」と吉島さんは助言する。

 料理の下ごしらえなどは前日に済ませ、当日は掃除に集中する。住宅アドバイザーの藤原千秋さんは「玄関は住居の第一印象を決めるので大切」と話す。意外に他人が気になるのがその家の生活臭。玄関にはアロマなどで香りを入れよう。逆に食事をする場所は料理の邪魔になるので香りはたかず、直前に空気を入れ替える。

WOMAN SMART新着記事