くらし&ハウス

  • クリップ

エコノ探偵団

東名阪経済圏が誕生? リニア新幹線で日本変わるか

 

2014/1/7 日本経済新聞 プラスワン

 東京・神田のご隠居、古石鉄之介が初詣の帰りに事務所を訪れた。「年内にも超高速の『リニア新幹線』が着工される。日本は変わるのか」。探偵、深津明日香のおとそ気分がさめた。「確かに一大事」。後輩探偵の松田章司と調査に出た。

■2014年度に着工 東京―大阪間が1時間強に

 リニア新幹線は東海旅客鉄道(JR東海)が建設、運行する。2014年度に着工する予定だ。明日香は東京・品川駅に隣接するJR東海の東京広報室を訪ねた。担当者が説明した。「正式名称は『中央新幹線』。ここを超電導リニアの車両が走ります」

 電磁力で車両を地上から10センチメートルほど浮かせ、抵抗を小さくしてスピードを高めるのが超電導リニア技術だ。運行時の最高時速は500キロメートルで、“超低空の飛行機”という印象を受ける。東京(品川駅)を起点に27年は名古屋まで、45年には大阪まで開業する。

 リニアは途中の山をくりぬいて直線に近いルートをとる。東京―名古屋間の286キロメートルを最短40分程度、東京―大阪間は同1時間強で結ぶ。東京―大阪間の総工費は9兆円に達する。運賃は東海道新幹線に比べ東京―名古屋間が約700円上乗せ、東京―大阪間は約1000円高くなるとJR東海は試算する。

 そのころ章司は名古屋市にあるJR東海の「リニア・鉄道館」にいた。リニア新幹線の乗り心地を体験できるシミュレーターがある。最初は車輪で走り、短時間で加速するとこれをしまって浮上走行する仕組み。着席し、発車からしばらくは下からの振動を感じていたが、車輪を格納したとたんに揺れがなくなった。

 「快適だ」。リニア新幹線は降ってわいた計画ではない。いまから40年ほど前に国の基本方針ができ、山梨県にある約43キロメートルの実験線で開発してきた。超電導リニアの商業運行は世界初の見通しだ。中国の上海では空港から市街地までリニア線が走るが、これは「常電導」と呼ばれるシンプルな方式。それほど高く浮上しないので、遠方への大量輸送には向いていない。

  • クリップ

くらし&ハウス