MONO TRENDY

デジタルライフ

スマホでダイエット カロリーや運動量、アプリで管理

2012/8/31 日本経済新聞 夕刊

 夏休みもほぼ終わりを迎え、いよいよ本格的な秋がやってくる。涼しくなれば夏バテしていた体調も回復し、食事やお酒も進みやすくなる。体重も増えてしまいがちだ。一方でスポーツで汗を流すのにちょうどいい時期でもある。スマートフォン向けアプリを活用し、運動、食事、体重を上手に管理する方法を探してみた。

街中でのランニングでは、位置情報が分かるスマホアプリが強い味方に

 まず見つけたのは、iPhone(アイフォーン)でもアンドロイド端末でも使える人気アプリの「カロリー管理(痩せるアプリ)」(450円)だ。年齢や身長、現在の体重、目標体重などを入力すると、1日の目安となる摂取カロリーを自動的に算出してくれる。この目安となるカロリーを上回らないように食事をすれば、きちんと体重が管理できるしくみだ。

 このアプリの特徴は、食べたもののカロリー入力が簡単な点。たとえば「カレー」で検索してみると「チキンカレー(1人前) 743キロカロリー」や「ビーフカレー(1人前) 968キロカロリー」というように、一目で食べたもののカロリーがわかる。

■大手チェーン店網羅

 さらに有名外食チェーンのメニューの検索も簡単で、カロリーがわかるものも豊富だ。牛丼で検索すると、「松屋牛めし(並) 758キロカロリー」、「吉野家牛丼(並)674キロカロリー」のような結果が出て、カロリーを記録できる。牛丼チェーンだけではなく、ファミレスなどさまざまな外食チェーンを網羅している。

 もっと手軽に体重などだけを記録するアプリもある。「体重ノート」(無料)や「シンプル・ダイエット~記録するだけ!簡単体重管理」(無料)といったものがiPhone用では代表的だ。「体重ノート」では、まずその時点の体重や身長、目標体重などを入力。そのうえで日々の体重を入れると、目標体重に向けた達成率やBMI(体格指数)を自動的に表示。体重の推移を示すグラフもワンタッチで表示してくれる。食事量や運動量の「多い」「普通」「少ない」を記録する機能もある。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL