MONO TRENDY

デジタルライフ

花の名前や鳥の声… アプリで検索、雑学博士に 位置情報やSNSと連動

2012/8/17 日本経済新聞 夕刊

■あの鳥の鳴き声は? 今飛んでいる飛行機の行き先は?

 鳥の鳴き声を調べるアプリも登場した。電気通信大学と非営利組織(NPO)法人バードリサーチが共同開発した「さえずりナビ」だ。

 登録してある鳥は約220種類。現在地の情報や時期、森林や住宅地などの環境、木やビルなど場所の情報、それに「単音」「複音」など声のタイプを入力していくと、候補となる鳥が表示される。画面に出てきた鳥の声を聞きながら、今聞いた声と照合する仕組みだ。

 電気通信大の笠井裕之准教授によると、秋口にも利用者が投稿できる機能が加わる予定。いつどこでどんな鳥を見かけたか、利用者同士で共有できるようになるという。

 あの飛行機はどこに向かっているのか――。そんな疑問に答えてくれるのが「フライトレーダー24」。地図上にリアルタイムで飛行情報が表示される。すべての飛行機が出てくるわけではないが、行き先が分かるとなんとなく楽しくなる。

 標高が分かるアプリもある。「標高ワカール」では、位置情報を基に標高を算出する。今いる場所はもちろん、気になる場所の標高も表示できる。

 自分の生活圏に眠る様々なエピソードや情報を、スマホ片手に掘り起こす。散歩のスタイルが変わりそうだ。

(電子報道部 河尻定)

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL