ヘルス

  • クリップ

病気・医療

「人工甘味料なら太らない」は甘い?

 

2012/8/7 日本経済新聞 朝刊

 メタボリック(内臓脂肪)症候群やダイエットへの関心の高まりから、ノンカロリーやカロリーオフをうたう清涼飲料や菓子が人気を集めている。人工甘味料は、そのほとんどに使われている。しかし米国では最近、人工甘味料でも太るという報告があり、ダイエット効果を疑問視する声も出てきた。人工甘味料を使うことは小手先の対症療法なのか。

 「カロリーがゼロの清涼飲料を飲む習慣のある人は太りやすい」。2011年、米テキサス大学などがこんな調査結果を発表し、ダイエット食品大国の米国で大きな話題になった。

■ウエストサイズの増加率70%上回る

 研究チームは474人の男女を10年間にわたって追跡調査した。ゼロカロリー飲料を好む人はまったく飲まない人に比べ、ウエストのサイズの増加率が70%以上も上回った。特に、1日2本以上飲む人はウエストの増加率が5倍以上になったという。

 こうした飲料に入っているアスパルテームやスクラロースなどの人工甘味料は、人間の舌にある甘い味を感じるセンサーに砂糖と同じようにくっつく。このため、甘いと感じるが、消化吸収されないためカロリーがないとされる。キシリトールなどはカロリーが砂糖よりやや少ない程度なのでゼロカロリー飲料には使われない。

 追跡調査でわかるのは、人工甘味料の摂取量とウエストの関係だけ。にもかかわらず、こうした結果から人工甘味料は逆効果と受け取られた。

 例えば、米パデュー大学などは大型のネズミのラットを使った実験で、人工甘味料を使い続けると太りやすくなる可能性を指摘している。ラットを2グループに分け、片方はヨーグルトに人工甘味料を混ぜ、もう一方は天然の砂糖の一種を加えた。

■「省エネ体質」が原因?

 このエサを2週間与えたところ、人工甘味料入りのヨーグルトを食べた方が太った。しかも、人工甘味料を与えるのをやめた後も体重が増え続けたという。

 研究チームによると、本来は甘い味と一緒に体内に入ってくるはずのカロリーがないため、少ない栄養分を効率的に使う「省エネ体質」になるからではないかという。人工甘味料を砂糖と同じようにとると、血糖値の制御に関わるホルモンのインスリンが出るように働くため、太りやすくなるとする動物実験もある。

 これに対し、「動物と人間では、体質などが大きく違う」といった反論も多い。もともと食べ過ぎの人が人工甘味料入りの清涼飲料を多く飲んでいるだけではないかという指摘もある。ただ、人工甘味料が甘さを感じさせるだけなのか、それとも太る作用があるのかについては、不明な点が多いことは確かだ。

  • クリップ

ヘルス