健康・医療

  • クリップ

健康づくり

洗髪は男性1日1回、女性2日1回 フケを防ぐ頭皮ケア

 

2012/7/5 日本経済新聞 プラスワン

 本格的な汗の季節がやってきた。頭皮を清潔にしておかないとフケやかゆみ、抜け毛につながる恐れがある。最近は頭皮(スカルプ)ケアをうたったシャンプーなどもある。頭皮を健やかに保つために、どうすればよいか。専門家に聞いた。

 「フケもアカも似ている」と話すのは、東京都皮膚科医会の会長で大路皮膚科医院(東京都武蔵野市)の大路昌孝院長だ。「新陳代謝で古くなった皮膚表面の細胞(角質)がはがれ落ちたものがフケやアカの正体で、だれにでも出る」

■原因は菌の増殖

 一般に頭皮は体表(皮膚)より皮脂腺が多く毛穴も大きい。凹凸もあり、皮膚より皮脂や汚れが落ちにくい。角質片は通常さほど大きくなく、量も少ないため気にならない。これが、はがれ落ちる量が増え、目立つようになった状態が「フケ症」という頭皮の病気だ。

 皮脂の分泌が多い人にフケ症は目立つ。女性より男性が多い。皮脂を食べるカビの一種である菌(皮膚常在真菌)が増殖することによって起こり、この原因菌はほぼ誰にでも存在する。だからこそ、余分な皮脂を取り除いて増殖を防ぐため「心して洗髪する必要がある」(大路院長)。

■男性1日1回、女性2日に1回

 ただ、洗いすぎると皮脂や菌を必要以上に失ってしまい頭皮の保護機能が低下するので注意が必要。潤いが失われて乾燥し、それがフケの原因になる場合もあるという。

 日本毛髪科学協会(東京都新宿区)によると、洗髪の頻度は男性は1日1回、女性は2日に1回程度で十分という。五百円玉サイズの量のシャンプーをつけ、泡立てながら全体に伸ばし洗う。つめをたてず、指の腹で、頭皮を生え際から頭頂部に向けてマッサージしながら洗うと血行改善にもなる。3分ほどかけ「やさしく入念に洗い、すすぎを十分に行う」のがポイントだ。

 夏場は寝ている時も汗を多くかくので、前夜に洗髪しても翌朝シャワーを浴びたくなることも多いが「髪の汗はお湯で落ちるので、流すだけでよい」(同協会)という。

  • クリップ

健康・医療