くらし&ハウス

  • クリップ

暮らしの知恵

多摩川の水、ろ過して飲めるか 試してみたら…

 

2011/6/24 日本経済新聞 プラスワン

 人が生活する上で水の存在は欠かせない。もし大災害で水道網が寸断されたらどうするか――。思いついたのは川の水をくんで使うことだ。そのままで飲めるのか。飲まないまでも生活用水には使えるのか。効果的なろ過方法は。震災などが起きたとき川の水がどこまで使えるか、確かめた。

多摩川中流の水を手製のろ過装置できれいに。1リットルを1回こすのに30分の地道な作業

 水道水は国が50項目におよぶ具体的な水質基準値を定め、水質管理上の目標値も別に30項目を設けている。計80項目をクリアして家庭まで届けられる。とはいえキャンプで渓流の水をすくって飲んだ記憶もある。よどんだ泥水でなければ、問題ないのではないか。

 自宅に近い多摩川の中流の水が飲めるかどうか、確かめることにした。多摩川は山梨県を源流に東京湾へ注ぐ。中流の両岸は東京都と神奈川県の住宅地だ。長靴で川に入り、川上に向けてポリタンクを沈める。深さ40センチほどの流れは予想以上に清らかで、川底の小石がきれいに透ける。1度だけだが魚もはねた。

ペットボトル2つ重ねて容器に

 帰宅して水質検査に取りかかる。「パックテスト」という検査薬で、アンモニウム、硝酸など水質汚濁を示す成分を測定。水中の有機物を分解するのに必要な酸素量を測ることで水の汚れの度合いを表す指標「COD(化学的酸素要求量)」にもこの試薬を使う。さらに飲める水かどうかを左右する病原性の大腸菌を調べるため、検査器具「サンコリ」を準備した。

 澄んだ見た目と裏腹に、多摩川中流の水は汚れていることが判明した。水道水の基準内ながら硝酸が検出され、CODは比較的高い。大腸菌も一定の温度で一晩温めた後に検査紙を紫外線で照らすと、菌のコロニー(固まり)がはっきりと確認できた。

  • クリップ

くらし&ハウス