働き方・社会貢献

  • クリップ

イチからわかる

マラソン、どうしてブームなの?

 

2011/3/9 日本経済新聞 プラスワン

 「市民ランナーの川内優輝選手が3位に入って、今年の東京マラソンは一段と盛り上がったわね」。興奮気味のお母さんに、ニッくんは「マラソンはつらいのに……。なぜ大人に人気なのか分からないよ」と首をかしげた。すると、「走る人だけじゃなくて、応援する人も、大会を開く街も盛り上がってるんだよ」とお父さんが話し始めた。

都会で大会続々、メタボ対策も

 お父さん 外国では街中を走るマラソン大会が大きなお祭りになるんだ。アメリカのニューヨークやイギリスのロンドンで開く大会がその例。世界のトップ選手と一般の人が一緒に走る都心の大会は、イベントもあって注目されるんだ。

 ケイちゃん 東京でも前から大会はあったでしょ。

 お母さん ランナーが走る間は車や歩行者が道路を使えないから、都心ではトップ選手だけを集めた大会が多かったわ。一般の人が参加できるのは郊外とか河川敷。でも、3万人のランナーが参加して2007年に始まった東京マラソンが話題になって、ほかの街もやってみようと考えたの。

 ニッくん どこの街?

 お父さん 今年の秋から大阪や神戸でも街中を走る大会が始まるよ。周辺のホテルやお店が繁盛すれば経済的な効果もあるしね。

 ニッくん でも、走るのはつらそう……。

 お父さん 健康のためにランニングを始める人が多いね。メタボリックシンドロームという言葉を聞いたことがあるよね。

 ケイちゃん 運動不足なんかで太って、病気になりやすくなることよね。

 お父さん メタボをチェックする健康診断が08年から始まったことも、ランニングをする人が増えた背景じゃないかな。

 ケイちゃん 応援する人は何が楽しいの?

 お母さん 今年の東京マラソンは200万人以上の応援で沸いたそうよ。頑張ってる人は応援したくなるし、大会の写真のコンテストとか、屋形船から応援するとか、走らなくても楽しめる催しも多いのよ。

  • クリップ

働き方・社会貢献