くらし&ハウス

暮らしの知恵

色々な革靴 自分で水洗いしてみた

2010/9/17 日本経済新聞 プラスワン

 気がつくとつい同じ2~3足の革靴を履き回している記者(42)。靴箱に眠っている古株の靴を手入れすればもっと足もとのバリエーションが――。専門店に頼むのもいいが、いっそ自分でやれば安上がりだ。「革靴の丸洗い」に挑戦することにした。
ボディーソープ希釈液でざぶざぶ洗う

 革靴の水洗いはもちろん未経験。まずは“師匠”に弟子入り、とネットでクリーニングを請け負う「ワールドnet」の光栄舎(東京・練馬)を訪ねた。月に400~500足の靴を丸洗いするプロだ。工房きってのベテラン、水戸部健一さん(43)に教えを請う。

 ところが「ピカピカにキレイ、は難しいですよ」とのっけから一声。専用機材や独自配合の洗剤を駆使する専門業者でさえ、顧客には「さっぱりしますよ」と控えめな説明にとどめるという。たしかに、いったん古びればおろしたてには戻らないのも道理だ。ならば衛生面プラス風合いの改善を、と気を取り直す。

100円ショップで「七つ道具」購入

 水戸部さんが取り出したのはボディーソープに霧吹き、台所用スポンジ。「100円ショップで買いました」。拍子抜けだが、家庭での水洗いならこれで十分らしい。肝心の実演もあっという間。「1足洗うのに1分かからないですね」

 数日後。100円ショップで購入した“丸洗い七つ道具”を広げ、自宅の靴箱から発掘した革靴たちを並べる。素人の実験台にするのは忍びないが、首尾良くいけば“前線復帰”だ。

くらし&ハウス