WOMAN SMART

3つ星スイーツ

ムースやケーキに花びら 春爛漫「桜スイーツ」

2013/3/21

洋菓子には使わない「桜」をどう表現したかが決め手に

 春が近づくと、誰もが気になるのが桜の花の咲き具合。先週は列島各地でソメイヨシノの開花が発表された。桜前線、桜の開花予想がニュースになるほど、一つの植物の開花に注目するのは日本だけだろう。そんな桜を愛し続ける日本だからこそ、生まれたのが桜スイーツ。桜の葉で包まれた桜もち、桜の形を表現した練り切りなどの上生菓子(じょうなまがし)、ようかん……。一見、和菓子のイメージが強いが、最近では洋菓子店の桜スイーツが広まっている。

 バリエーションも多彩で、和の素材を洋菓子にいかすシェフの工夫も光る。そこで「今週の3つ星スイーツ」では季節限定の「洋」の桜スイーツを特集する。桜の洋菓子があるのは世界でも日本だけ。日本でしか食べることができない、しかもこの季節限定のプレミアスイーツといえる。お花見や宴会のお供にもいいが、外国人への手土産にも喜ばれそうだ。

 いつものように専門家からで構成する「日経スイーツ選定委員会」が、取り寄せを含め東京近郊で買える10商品を厳選し、食べ比べた。チーズケーキやムース、マカロンなど、春を感じさせる多様な桜スイーツが集まったが、専門家が注目したのは洋菓子には普通使わない桜という素材をどう表現したか。「桜の塩漬けとして使う」「葉をクリームに練り込む」など、味とのバランスとシェフの創造力が星獲得の決め手となった。

★★★(3つ星)=文句なしのおいしさ。スイーツファンならぜひ食べるべき
★★☆(2つ星)=抜きんでている。電車賃を使ってでも買いに行きたい
★☆☆(1つ星)=水準を大きく上回る。遠回りしてでも買いに行きたい

WOMAN SMART新着記事