MONO TRENDY

ブームの予感(日経MJ)

写真を劇画調に アプリ「漫画カメラ」ヒットの秘密 1カ月300万ダウンロード 笑える脱力感

2012/11/11

 9月11日のリリースから1カ月強で約300万ダウンロード(DL)を記録した画像加工アプリ「漫画カメラ」。撮った写真が劇画調に加工され、擬音語なども入る面白さが受け、老若男女の支持を得た。これまでiPhoneのみの対応だったが、近くアンドロイドにも対応、勢いはさらに加速しそうだ。開発を指揮したスーパーソフトウエア(大阪市)の船木俊介氏にヒットの理由を聞いた。

■見た瞬間使いたくなる単純さとインパクト

 ふなき・しゅんすけ 1977年、大阪府出身。2002年上智大学経済学部卒業。在学中にトレンダーズの創業に参画するなど、学生時代からIT業界に身を置く。フリーのシステムコンサルタントを経て、09年、スーパーソフトウエアに入社、東京オフィス代表に就任

 写真が白黒になり、稲妻が走る背景画と「バキバキバキバキ」の文字。「二時間しか寝てねえ!」「ハイパーメディアクリエイター」など文字入りもあるフレームは32種類。漫画カメラの最大の特徴は、脱力しつつ笑いを誘う背景イラストと文字群だ。

 9月11日の公開から約1週間で100万DLを記録、日本のみならず、台湾や韓国、最近ではフランスなどでもDL数が伸びる。短期間で大きなヒットとなった要因はどこにあるのか。

 「開発では、一目で分かるインパクトの強さを目指した。今の消費者は、一瞬で良い悪い、欲しい欲しくない、を判断する。アプリでいえば2~3動作くらいで評価が決まる。漫画カメラは(1)フレームを選び(2)写真を撮り(3)確認する――だけの単純さが特徴。見た瞬間に使い方が分かり、『自分もやりたい』と思わせることが大切だ」

 「画像加工アプリはすでに出尽くした感もある。その中でいかにインパクトを出すか考え、漫画が浮かんだ。日本らしいタッチで、分かりやすく加工ぶりを表現できる」

■リアルの場での口コミも誘発

 近年のアプリは、ミニブログのツイッターや、フェイスブックとの連動は当たり前。SNS(交流サイト)を起点に口コミを広げるには、利用者の「投稿したくなる」気持ちをくすぐることが肝要だ。

★漫画カメラで撮るとペットもこう変わる――擬態語も入って雰囲気を演出

 「フェイスブックなどで実名主義が広がったが、まだ日本では『顔を出す』ことに抵抗を感じる人が少なくない。漫画カメラは写真が劇画調に加工され、顔写真も『いわれてみれば本人』程度になる。そのためツイッターやフェイスブックにためらいなく投稿するとか、アイコンに利用する人も多い」

 現実世界でのコミュニケーションも重視した。SNSなどネット上での完結ではなく、リアルの場での口コミを誘発したこともヒットにつながった。

MONO TRENDY新着記事