MONO TRENDY

  • クリップ

ブームの予感(日経MJ)

メタボ対策でトマトブーム、予想外の長期化へ 生鮮やジュース、苗…2ケタ増続く

 

2012/8/12

 今年2月、含有成分がメタボリック症候群対策に期待できるとの研究成果が報道され、にわかにトマトブームが起きた。その勢いはいまだ衰えず、一時店頭で品薄になったジュースは販売好調が続き、生鮮のトマトも売れている。かつてメディア発の口コミで人気を博した食品は数々あるが、たいがいは一過性に終わっている。トマトブーム持続の背景には、家庭でのレシピの工夫や栽培など、ごく身近で応用の利くこの食材ならではの特性があるようだ。

■ジュース出荷額、震災前の2倍

品種改良が進み店頭には様々な種類のトマトが並ぶ(東京都調布市のいなげや調布仙川店)

 「健康にいいと聞いて今年は毎朝、生のまま食べている」。食品スーパーのいなげや調布仙川店(東京都調布市)でトマトを買った70代の主婦はこう話す。同店では甘みの強い「濃縮トマト」(1パック498円)や加熱するとうまみが出る「シシリアンルージュ」(1パック298円)を中心に、20種類そろう生鮮トマトの売れ行きが前年を上回る水準で推移する。

 同業のサミットでも6月は生鮮トマトの売り上げが前年同月を21%上回った。トマトジュースも同23%増。ジュースについては、国内シェアの半分を占めるカゴメの6月の出荷額が、商品供給が滞った東日本大震災時より前の時期に比べても約2倍の水準だ。キッコーマンでもイタリア産トマトを使った紙パック入りの調理用カットトマトの同月出荷額が前年の2倍になっている。

 トマトブームの発端は京都大学などのチームによる研究発表。マウスを使った実験で、トマトの成分に中性脂肪の上昇を抑える効果が認められたと報じられた。メタボリック症候群改善への期待から、直後にトマトが売れ出し、ジュースは一時品薄となった。ただし、メーカーなどは「1~2カ月でブームが終わると思っていた」(キッコーマン)。その予想に反し、ブームが長期化しているのはなぜなのか。

  • クリップ

MONO TRENDY新着記事