旅行・レジャー

耳寄りな話題

失敗しない「博多ラーメン」 王道の店選び 出張グルメの達人・福岡編

 

2012/2/4

 出張の際、ほっと一息つけるのが食事の時。できるならば、地元のビジネスパーソンたちがお薦めするおいしいものを食べてみたいもの。そんな「出張グルメ」情報をうんちくも含めて紹介する。今回は九州。「ビジネスパーソンが出張したい街」の上位に常にランクインする九州随一の都市、福岡からスタートする。

入門編~底知れないスープの奥深さ「博多ラーメン」~

午後3時すぎでも店内はほぼ満席だ(元祖赤のれん)

 福岡の魅力の一つが「食」だ。玄界灘で捕れた新鮮な魚介類をはじめ、もつ鍋や水炊き、そして焼酎。じっくりと味わいたくなるものばかりだが、多忙な出張者は滞在時間も限られる。手軽に福岡の味を満喫するなら、やはり「博多ラーメン」。悩みの種はラーメン店が多すぎて、「どこに入っていいのやら」。まず「失敗しない博多ラーメン」を紹介しよう。

 博多ラーメンは白濁した豚骨スープに細いストレート麺、具にはチャーシューや青ネギというのが定番スタイル。お好みで紅ショウガや辛子高菜、白ゴマなどを添える。東京や大阪などにも福岡発のチェーン店が進出したこともあり、全国的にも知名度は高い。

 地元ラーメン店の「豚骨占有率」は生半可なものではなく、しょうゆや味噌のラーメンを食べられる店を探すのは一苦労。地元の人は「東京で初めてラーメンを注文したら、スープが黒いので驚いた」というほどだから、うなずける。

 豚骨ラーメンと一口に言っても、店ごとに多種多様な味わいがある。特に、スープの奥深さは底知れない。これが、地元の人によって推奨店がまちまちであるとともに、出張者が店選びに迷いに迷う理由でもある。

■「始祖の一つ」のスープは薄茶色

「3分の1をそのまま食べてからコショウとゴマを入れて、最後の口直しに紅ショウガを入れるのがおすすめ」と店主の津田敏茂さん(元祖赤のれん)

 それ故、「正解」はどこにもないが、筆者なりの「当たり」の一つは福岡市中心部の天神地区にある老舗店「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン」(福岡市中央区渡辺通5の24の26)だ。「博多ラーメンの始祖の一つ」ともされる同店のラーメンの特徴は、スープが白濁ではなく薄茶色。豚骨を2日がかりで煮込んで骨髄まで溶け出したスープに、濃い口しょうゆを少々加えている。スープを一口すすると、コクがあるのに豚骨特有の獣臭い後味は残らない。

 さらに麺も一般的な博多ラーメンに比べ個性的だ。細麺ではあるが、パスタのリングイネのように平たい形状で、スープがよく絡み合う。一般的な豚骨ラーメンのイメージとは少し違うかもしれない。具材としてチャーシューやメンマ、青ネギが添えられている。

 同店の創業は約70年前。旧満州から戻ってきた初代店主が九州大学や福岡の歓楽街、中洲で営業した屋台が始まりだ。九州大周辺には学生のほか漁師が多く、「食の進む濃い味が求められるうちに、今のラーメンが出来上がった」と三代目の津田敏茂さんは話す。天神に店を構える現在も、食事時になると会社員や学生らでごった返している。

豚骨の部位は1頭分をまんべんなく使う。仕上げに小豆島産の濃い口しょうゆを使うため、スープは茶色になる(元祖赤のれん)

旅行・レジャー