エンタメ!

裏読みWAVE

薄毛はどの国に多い? 世界毛髪マップ 編集委員 小林明

2011/9/2

 前回に続いて「薄毛」の後半。

 今回は興味深い実態調査や簡単な薄毛の判別法、効果的な防止法などについて紹介する。

 そもそも薄毛は世界でもどの国に多いのだろうか? その中で、日本は多い方なのか、それとも少ない方なのか? 実は統計がある。

 表1を見てほしい。これは世界21カ国・地域の薄毛ランキングである。アデランスが各地に専門の調査員を派遣し、男性の通行人を肉眼で判定して薄毛率を調べた。

 それによると、欧州→北中米→アジアの順に徐々に薄毛率が低下するという「西高東低」の傾向が浮かびあがる。

■トップはチェコ

 薄毛率トップはチェコで、42.79%(通行人5485人のうち2347人が薄毛)。次いでスペイン42.60%(6545人のうち2788人)、ドイツ41.24%(7917人のうち3265人)、フランス39.24%(7080人のうち2778人)、英国39.23%(8991人のうち3527人)の順。上位5位はいずれも欧州勢だ。

 それ以下を見ても、6位に米国、10位にカナダ、13位にメキシコと北中米勢が交じるが、上位13位まですべてが欧州(豪州含む)と北中米で、アジアは入っていない。14位にようやくアジア勢でトップの日本26.78%(7467人のうち2000人)が入り、以下は最下位の中国19.04%までアジアが並ぶ。

 こうして外国と比べると、日本の薄毛率はそれほど高くないことが分かる(ただアジアでは最も高い)。

 「たしかに西洋人の方が東洋人よりも薄毛が多いという傾向は研究者の間でも指摘されている」と言うのは、大正製薬・商品開発本部の安西浩之さん。たとえば壮年性脱毛(若ハゲ)の割合を見ると、東洋人が10人に1~2人なのに対して、西洋人は10人に3~4人で、やはり「西高東低」になっている。

 では、どうして「西高東低」現象が起きているのか?

■先進国ほど薄毛!?

 その理由としては、先進国の方が高齢化が進み、仕事や人間関係などのストレスが多く、食生活も不規則だったり偏食だったりして、結果として薄毛が多くなる――ことなどが考えられる。日本がアジアでトップなのもこれと同じ理由からだ。

 さらに、「頭髪と体毛の反比例現象」を指摘する声もある。

 一般に、手足の毛や胸毛、ヒゲなどの体毛が濃い人は、頭部がより早く薄毛になりやすい傾向があるというのだ。

エンタメ!新着記事