くらし&ハウス

安心・安全

「ニッポンの役に立ちたい」 もうひとつのトモダチ作戦 外国人ボランティア、被災地で奮闘

2011/8/9

 舞い上がる砂ぼこり、山積みのがれき、倒壊したままの家屋、異臭――。あの瞬間から5カ月がたった今も、津波の傷痕に苦しむ東日本大震災の被災地。復興の戦力となるボランティアの人数は5月のゴールデンウイーク以降、減少傾向にあるのが実情だ。そんな中、円高をものともせず、夏休みを利用して遠い日本にボランティアに来る外国人が増えている。民間レベルで続くもうひとつの「トモダチ作戦」を追った。

中長期的な支援を視野に、クラッシュジャパンは活動拠点に長期滞在可能な設備を整えた(一関ベースキャンプ)

 東北地方で初めて世界文化遺産に登録された「平泉の文化遺産」(岩手県平泉町)からそう遠くない一ノ関駅から、緑と霧に覆われた山道を車で1時間ほど進むと、被災地支援のNGO(非政府組織)クラッシュジャパン(東京都東久留米市)の拠点「一関ベースキャンプ」がある。

 クラッシュジャパンは2004年の中越地震を機に設立されたキリスト教系の援助団体で、世界中からボランティアを受け入れて活動している。東日本大震災では、被災地に支援物資を供給しているほか、ボランティアを派遣するなどで救援活動を展開。一関のほか、仙台市や岩手県遠野市など合計5カ所に活動拠点を設けている。一関ベースキャンプは気仙沼市や陸前高田市などの被災地に車で約1時間の距離だ。

気仙沼市のボランティアセンターで借りた清掃用具を持って派遣先に向かう

■被災地の光景にショック

 外国人ボランティアたちの朝は早い。毎朝午前6時前に起床。朝食を済ませ、9時前には被災地のボランティアセンターに出向く。近くの気仙沼市のボランティアセンターなどでは、毎日9時ごろに仕事の割り当てが決まるからだ。

 この日に彼らに割り振られた仕事は、津波の影響で2階部分の床下まで浸水したという家屋の清掃。大量に発生したハエが体にまとわりつくなか、マスクとゴーグルを着け、がれきが散乱する家の中に入る。

津波の傷痕が深い被災地の街並みを見て言葉を失う外国人ボランティア

 「こんな光景は見たことがない。まるで、原爆が落とされた後のヒロシマのようだ」――。がれきの山となった気仙沼市の街並みを見ながら、カリフォルニア州サンディエゴの大学院生テイラー・イェンさん(23)は絶句した。

 現場に到着すると、車中では談笑していたボランティアたちの目つきも変わり、すぐさまスコップなどを手に取ってがれきの撤去作業や床磨きを始める。1つの作業が終わっても、すぐに次の作業を見つけて作業を続ける光景は午後3時まで続く。

くらし&ハウス